テクスチャでイラストっぽい地面を表現する

イラストっぽい地面を表現する

新年あけましておめでとうございます。
Photoshoplabは2014年も頑張っていきますので宜しくお願い致します。

今回はAdventar Calendar 2013 23日目:じめんで作った地面の表現を解説してみようと思います。

地面の土台を描画する

シェイプで地面にあたる部分を描画します。
塗りをいい感じの茶色(今回は#aa7d59)に設定します。
これをレイヤーaとします。

テクスチャをのせる

レイヤーaを複製します。これをレイヤーbとします。
レイヤーbはレイヤーaの上に配置します。
塗りは#74441eにして、レイヤースタイルの設定をします。

グラデーションオーバーレイ

・描画モード
オーバーレイ

・不透明度
100%

・グラデーション
位置:0% カラー:#5c5c5c
位置:100% カラー:#aeaeae

・角度
90°

パターンオーバーレイ

・描画モード slot machines
オーバーレイ

・不透明度
13%

・パターン
テクスチャ2→漆喰4(200×200 RGBモード)

・比率
100%

こんな感じになります↓
テクスチャをかけて地面を表現する

シェイプは長方形なので、マスクで上の辺を削ってあげてボコボコに。さらに草や空を足してあげると地面を横から見たようなイラストが出来上がります。
蟻の巣になったPhotoshoplab

よろしければシェア御願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOP