映画壁ドン-Photoshopで映画風なポスターを作成してみる

psl_title_1905

Photoshopを使って今回は映画風なポスターを作成してみたいと思います。

映画のポスターサイズ

映画のポスターはA1というサイズらしく、594mm×841mmととても大きいサイズのポスターです。一般的なポスターはB2という515mm×728mmです。わかりづらいので簡単に言います。家の壁かけカレンダーよりも大きいですポスターは

映画サイズをPhotoshopで作るのは無謀

ということで、A4サイズで作成したいと思います。自宅のカラープリンターで印刷できますので作って印刷してその変に貼ってください。会社や学校に印刷してもっていって勝手に貼って怒られても責任はとれません。そういうことはしないようにしましょう!

写真素材

今回はぱくたそさんより

の2点の素材を使います。Lサイズでダウンロードすることをおすすめします

A4カンバス作成

img_1905_001
※画像はクリックで拡大します。

今回A4サイズで印刷するのでA4のカンバスを作成します。実際にはA3とかのほうや印刷の時の余白など考えるとよくないですが無視します。ポスターなどは本来イラストレーターで作成するものであってPhotoshopで作る物ではないです。
今回300dpiにしたのは印刷サイズに耐えるためとなります。特に印刷しないのであれば72でも問題ありません。

写真の配置

img_1905_002
※画像はクリックで拡大します。

二つの写真をカンバスに配置します。今回特に補正はしませんがもしレベル補正とかトーンカーブする場合は16bitに変えて起きましょう。そうしない場合は8bitのままで問題ありません。

壁ドン写真をぼかす

img_1905_003

フィルター > ぼかし > ぼかし(ガウス)から壁ドンしている写真をぼかしをかけます。

img_1905_004
※画像はクリックで拡大します

ぼかすとこんな感じになります。

夕焼けの写真にマスクをかける

img_1905_005
※画像はクリックで拡大します

夕暮れの写真にマスクを追加します。

グラデーションのマスクの設定

img_1905_006
※画像はクリックで拡大します

グラデーションエディターの左から3つめの黒と白を選択します。白のほうは不透明度を0%にします。

グラデーションをかけます

img_1905_007
※画像はクリックで拡大します

夕暮れの写真の上から浜辺までを直線でグラデーションをかけます。

img_1905_008
そうするとこのようになります。ちょっとなんかポスターっぽくなってきました。

レイヤーの結合

img_1905_009
※画像はクリックで拡大します

壁ドンの写真と夕暮れの写真を選択し、キーボードのShift+Ctrl+Alt+Eをクリックして結合した状態を新規レイヤーとして新たに作成します。

写真をモノクロにします

img_1905_010
※画像はクリックで拡大します

新しく作成されたレイヤーを選択してShift+Ctrl+Uをクリックします。写真がモノクロになります。

塗りつぶしまたは調整レイヤーをクリック

img_1905_011
※画像はクリックで拡大します

塗りつぶしまたは調整レイヤーをクリックしてべた塗りを選択します。

べた塗りするとこんな状態になります

img_1905_012
※画像はクリックで拡大します

べた塗りの色は#ffd59fとしています。

ブレンドモードをカラーに変更

img_1905_013
※画像はクリックで拡大します

ブレンドモードをカラーにすることで色が反映されました。

これでほぼ完成です。後はテキストを配置して好きなように作ってみてください。
※サンプルでは明朝系のフォントを使っています。

完成

img_1905_014
※画像はクリックで拡大します

こんな感じでテキストを配置してみました。映画風になりました。

注意点

壁ドンという映画は存在しません。映画館にいっても上映されておりませんので足を運ばないようにしてください。また、実際のポスターを作るときはイラストレーターで作成することをおすすめします。

ダウンロード

よろしければシェア御願い致します。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

関連記事

PAGE TOP